本文へスキップ

造園施工管理技士合格コースで資格をゲット!!

2級土木施工管理技士/造園施工管理技士

造園施工管理技士 通信教育

2級土木施工管理技士

資格内容

専門化で3種別に分類

近年は土木工事もその技術の高度化とともに専門化が進んでおり、2級土木施工管理技術検定試験も土木、鋼構造物塗装、薬液注入の3種別に分かれている。
 

2級土木施工管理技士は、建設業法に定められた建設業者の営業所における専任技術者、及び工事現場における主任技術者となることが認められる。



資格取得方法

種別ごとに異なる試験科目

土木、鋼構造物塗装、薬液注入の3種別に学科試験と実地試験が行われ、自分の実務経験が該当する種別を1つ選んで受験する。
 
その両方に合格し、所定の手続きを行うと、2級土木施工管理技士と称することができる。

試験情報


受験資格: 土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学または建築学に関する学科の卒業者で、実務経験年数が、大学は1年(指定学科以外は1.5年)、短大・高専は2年(同3年)、高校は3年(同4.5年)。その他は8年以上の者。
 ※上記の指定学科卒業者等で所定の実務経験がない者は学科試験に限り受験が認められる。
試験科目: 学科(マークシートによる択一式)=土木工学等、法規、受験する種別の施工管理法 実地(記述式)=受験する種別の施工管理法
申込期間: 4月中旬〜下旬
試験日: 10月下旬
試験地: 土木=札幌、釧路、青森、仙台、秋田、東京、新潟、富山、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、松江、高松、高知、福岡、鹿児島、沖縄
鋼構造物塗装・薬液注入=札幌、東京、大阪、福岡
受験料: 学科=8,200円(実地のみは4,100円)
受験者: 学科=29,948人、実地=31,467人(平成21年度)
合格率: 学科=59.0%、実地=21.5%(平成21年度)


問い合わせ先
(財)全国建設研修センター 土木試験課
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-30 サウスヒル永田町ビル
TEL:03-3581-0138